人材育成に力を入れている仙台の企業の特徴

仙台市では大手企業から中小企業まで、数多くの企業と、多様な職種があります。そのため、求人数も多く、正社員、パート・アルバイト、派遣など雇用形態も様々です。仙台市では中小企業の人材育成に力を入れており、市が委託する会社を経由して他社留学を行い、人材育成に取り組んでいます。派遣求人では、「紹介予定派遣」も増えています。紹介予定派遣とは、派遣先の企業に直接雇用されることを前提に一定期間就業し、派遣期間の終了後、本人と派遣先の企業が合意した場合社員として採用される、というシステムとなっています。この派遣は、一定期間を働くことで業務内容を実際に働きながら見極めることもできるメリットがあります。また、未経験でも働くことができるため、徐々にステップアップも可能となっています。

派遣求人募集の種類やメリットの紹介

宮城県は、大手企業の支社や支店が数多くあります。食料品加工や電気機械、製紙、石油や鉄銅・金属など幅広い産業が盛んです。また、地元定着の安定した企業から、ITベンチャー企業まで幅広い業種の企業があるため、求人募集も多いです。求人内容は、事務職をはじめ、経理、人事、総務などの多彩な職種となっています。教育関係の学校事務の求人が多いことも宮城県の特徴です。特に仙台市では、大手企業の進出やコールセンターを設置している企業もあり、事務職やコールセンターの派遣社員の人材求人が多くあります。派遣社員は正社員と違い、残業代や諸経費がきっちり支払われ、時間の融通も聞くようになることがメリットとなっています。また、事務職などは土日祝日休みや残業が少ないことが多く、人気の求人となっています。

社会全体で人材育成をしている仙台市

仙台市では人材育成を専門とする企業に委託し、中小企業向けの中核人材育成支援事業を行っています。目的は、中小企業の活性化のための中核人材を育成するためです。近年の日本では、経営者をサポートする中核人材が]不足しています。特に中小企業では中核人材育成のノウハウが不足していることが多いです。そのため、中核人材の育成を行い、その方法を自社のノウハウにし、広めることを目的としています。中核人材育成は主に「他社留学」を行っています。一定期間東京都内の企業に派遣され、経営課題に触れたり、将来活躍できるキャリアビジョンを描けるような能力開発を行っています。仙台市の企業では、中堅の人材育成ではなく、社会全体で人材を育てています。中核人材育成事業や紹介予定派遣など徐々にステップアップできる環境が整っています。