バックオフィスが持っている大事な役割と具体例

最近注目および大きな役目を果しています

経理、或いは会計そして、総務や庶務など、セールス並びにクライアント対応をメインとする営業部門もしくはマーケティング部門などを後ろの方からアシストする部署や業務がまさにバックオフィスとなります。一口に言うとシンプルなものですが、時代も変わってバックオフィスサービスといったサービスに注目が集まっていることもあり一まとめにしては語りきれないほどビジネスの深層部まで潜行しており、その役割が大きくなっています。

中小零細企業とスタートアップにおいての役割

経理並びに会計を始めとしたバックオフィスに関する業務をアウトソーシングすることによって、シンプルに本業へと注力することが可能となります。中堅や一流法人で就業している方は、社内にこうした部門があるから必要とされないと考えられるでしょう。したがって、中小零細企業もしくはスタートアップ、それから将来起業するという人が活かしてこそアドバンテージのあるサービスといえます。少数の中小零細企業を除くと、ほとんどのケースで経理や会計などの部門が足りていません。その結果経営者自身にて経理に関する業務を行ったり、あるいは社員がメインの仕事の傍ら、こうした業務をこなすというケースが非常に多いと考えられます。そのためこうした業務をアウトソーシングしておきさえすれば、90パーセント本業に対して取り組むことが出来ます。残存している10パーセントの経費清算などは自分の会社で実行する必要があり100パーセントアウトソーシングすることができない部分になります。

具体的な事務的な会社の業務とは

バックオフィスというのは、会計、あるいは人事、さらに総務といった事務的な会社の業務全般のことを意味します。クライアントとダイレクトにかかわる営業部門もしくは広報担当部門といった業務を、背後からバックアップする役割を持ち合わせています。実際的な業務の内容としては、ひとつの例として経理ならば、出納長管理それから、決算に関する業務、さらに原価計算や取引先の与信分析そして、税理士らとのコミュニケーションなどが考えられます。総務ならば会社内の環境の整備であるとか改善それから、福利厚生の再チェック、労務関しての管理、会社内の行事の企画や運営などが考えられます。あらためていうまでもなく、こうした業務はどういった会社組織にも不可欠な存在ということになります。ですから、こうした業務を効率化することは会社によって大きなメリットをもたらすことを意味します。

記事を共有する