職種に関係なくバックオフィスシステムのクラウド化によるメリット

バックオフィスのサービスが多種多様化しています

士業に就いているスペシャリストとコミュニケーションが取れるバックオフィスサービスであるとか、一部委託するアウトソーシングなど、現在において会社組織の業務を巡る周辺環境は、職種に関係なく大きく変わってきています。こうしたサービスは人的リソースが足りないベンチャーを始め、中小零細企業にも段々と職種を問わず拡がっています。中でも脚光を浴びるのが、一部または全部をクラウド化させることができる、クラウドERPになります。クラウドERPにつきましては、会計管理システムそして、販売管理システムまた、人事管理システムなど、いろいろなシステムを複合的に導入することができるクラウドサービスです。ほかにも、営業支援システムもしくはクライアントサポートなど、フロントオフィスも含めて職種を問わず導入ができます。それらのシステムをオンライン上で築き上げることで、会社組織はたくさんのメリットを享受できます。

シームレスな連携および一元管理が可能です

クラウドERPに関してはフロントオフィスシステム及びバックオフィスシステムをトータルに供するクラウドサービスになります。それぞれのシステムに関しては標準で協働ができているため、会社組織サイドでシステム開発を実施する必要なく、シームレスなチームの統率がなされています。一元的な情報関しての管理でバックオフィス全体像を効率化することができます。それぞれのシステム側より発生するデーター数値は中核システムにおいて集約され、ダッシュボードなどを通じて一元管理できます。それに加えて、総括された情報をBIへと接続することで、組織トータルのデーター数値を活かした分析が行なえます

BCP対策および導入に対する費用の低減

国内では災害の多発などを通じて非常に強く注意を向けられるようになった事業継続計画対策ですが、事業データーにおいてのBCP対策を会社組織独自に取り組むにはとても難しいタスクがあります。ひとつの例として既存のシステム内のデーター数値をオンラインストレージ等に退避させるのみでも、とても大きな費用及び管理者の負担を生みます。そのためクラウドERPを活用することで、システムで出てきたデーター数値はオートマティックにクラウド上に保存されることになります。ですのでクラウド化を利用することによってBCP対応をすることも可能となっています。ほかにも、インターネットを介して、サービスという形で基幹システムを活用するクラウドERPにおいては、サーバといったインフラ調達が必要ないことから、組み込み費用を大きく抑え込むことができます。

記事を共有する